ドメインを取得して検索率アップ

ドメインの種類と検索での効果について
Home » Page 2

既に取得されているドメインを譲ってほしい時は、そのドメインの所有者情報を検索しよう

4月 3rd, 2012 Posted in ドメイン

自分にとって、非常に大事な意味のある綴りをドメインとして取得したいと思っても、既に他の人に取得されている場合があります。そういう場合は、大抵は別の種類のドメインで取得を試みる場合が多いのですが、もしどうしてその種類で取りたいという場合は、ドメイン情報を検索して、現在、そのドメインを持っている人に連絡を取り、譲ってもらえるかどうか聞いてみるのがいいと思います。こういうやりとりでドメインを譲ってもらった人は結構いますからね。


ドメインを検索してみると、わかりますが、ドメインにかかわっているいくつかの人の情報が表示されます。その中に、ドメインの所有者の情報が含まれていて、メールアドレスの表示が義務になっているのが普通なので、そのメールアドレスにメールを送ってみればいいわけです。譲ってもらえる確率が高いのは、そのドメインが現在使われている形跡がない場合でしょう。また、始めから売りに出している場合もあります。その場合は、そのドメインにアクセスしてみると売り出し中というような文面がページに書かれていると思います。


ドメインを検索してみて、表示されたドメインの所有者の情報が、ドメイン取得業者による代理公開情報だった場合でも、そのドメインを譲って欲しいというメールをドメイン業者のメールアドレスに送れば、そこから、実際のドメインの所有者に、あなたのドメインに対して譲ってほしいと言っている人がいるという連絡がいくはずです。なので、もし代理公開になっていても、表示されているメールアドレスに送ってみるといいと思います。


既に取得されているドメインを譲ってほしい時は、そのドメインの所有者情報を検索しよう はコメントを受け付けていません。

自社のサーバーを守るために、ドメインの検索をできるようにしましょう。

4月 3rd, 2012 Posted in ブログ

自社のサーバを運営しているときに、不正アクセスがあるのかどうかを調べる手段として、ドメインを検索することができます。これは、疑わしいドメインをどこの物かを検索できるサービスです。whois情報というものを使って、ドメインを検索し、管理している団体の登録情報の結果を表示するものです。これによって、どこから誰がアクセスしてきたか、確認ができ、不正アクセスされたかどうかを、判断するひとつの証拠となり、それを元に、検討することが可能です。


ドメインを検索するサイトは、インターネット上に数多く存在しております。「ドメイン」「検索」として、探してみれば、いろんなサイトで提供されているのが、確認できると思います。ドメインを検索するほかにも、IPアドレスを元に、検索することも可能ですので、不正アクセスと思われる先が、IPアドレスしかわからなくても、対応するドメインを表示して、それが、どこの国から、そしてどの組織から来ているのかを確認することも可能です。


また、サーバーを守る以外にも、使われていないドメインを検索することもできますので、自社で新しい製品やサービスを提供するときに、新しいドメインを取得したいと思われたときにも、同じように検索を実施して、新たに使えるかどうか、検索することも可能です。このようにドメインを検索することは、サーバの運用管理の通常業務の一環として、日常的に実施することが大切ですし、あわせて自社の営業展開にも有効なツールになりますので、積極的に活用することが、良いことだと思います。


自社のサーバーを守るために、ドメインの検索をできるようにしましょう。 はコメントを受け付けていません。